上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 サイト運営をはじめて、早1年が経過致しました。
 今みると、1年前に自信満々で作ったテンプレートを公開しておくのが若干恥ずかしいぐらいな気持ちになっていることに、我ながらがんばってきたなぁと、自己満足に浸っているところです。
 1年間色々ご迷惑をかけたり、イヤな思いをさせてしまったりと、改めてここで頭を下げさせて頂きます。
 また、これからもご迷惑をおかけすることもあろうかと思います。コルクマ共々お辞儀をさせて頂きます。




スポンサーサイト
 補足編、第2回目です。
 スクリプトが使えるようになってくると、たくさんのデータを扱いたくなってきます。
 例えば、「ランダム」で表示させる画像を100枚作って、「1/100」の確率でどれかを表示したいとか。24時間、一時間おきに24枚の画像を時間帯別に表示したいとか。
 そんな時、変数に連番を付けれれば、データ管理が楽になるかも知れません。この機能がJavaスクリプトには用意されていて、これを「配列」と言います。




 補足編です。なんだかよく分からない方は、「Javaスクリプト入門」からご覧下さい。

 第8回までやって、一応スクリプトは書けるようになりました。しかし、今まで使っていたものの中に、実は「DOM」というJavaスクリプトの純粋な仕様とはちょっと違う構文を用いていました。これは、HTMLの内容を参照する為のもので、「getElement…innerHTML」「getElement…style」と言うヤツがそれです。
 これは、HTMLの内容を参照する為、HTMLが読み込まれる前に実行してしまうと、エラーが出たり動作しなかったりするため、先に使用する「要素」を書いて、その後にスクリプトを書くように設定していました。

 しかし、テンプレートを書くとき、スクリプトがHTMLのあちこちに散らばっているのは、最適化の観点からどうなの?…と言うことになります。
 これら、すべてを「head内」に入れ込む方法をご紹介します。




Bookmarks
Page Top
Copyright © SAKILab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。