上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 FC2ブログの機能に、カレンダーを出力する「変数」があります。
 仕組みを理解して、デザインに役立てます。

 通常のカレンダー、横置きカレンダー、さらに、縦置きカレンダーも製作してみましょう。




カレンダー変数



サイドバーメニュー関連の変数

<!--calender-->

<!--/calender-->

1週間1行の格子状カレンダーを表示

<%calender_sun>日曜日の日付を表示
<%calender_mon>月曜日の日付を表示
<%calender_tue> 火曜日の日付を表示
<%calender_wed> 水曜日の日付を表示
<%calender_thu> 木曜日の日付を表示
<%calender_fri>金曜日の日付を表示
<%calender_sat>土曜日の日付を表示
<!--calender2-->
~ <!--/calender2-->

横型カレンダーを表示

<%days> 日付を表示


 変数自体は非常に少なくて簡単そうに見えますが、通常カレンダーは若干奥が深いので注意が必要です。




縦置き、横置きカレンダー



 横置きカレンダーは、変数が、3個しかありません。非常に簡単です。

<!--calender2-->
<%days>
<!--/calender2-->

 これで、横置きカレンダーは完成です。「<%days>」を「<sapn> ~ </span>」等で囲んでCSSで整形も出来ます。CSSに関しての詳細は、以下からご覧頂けます。
スタイルシートで遊ぶ part.1(<span>タグ編)



縦置きカレンダー

 縦置きカレンダーは、「DIVブロック」を利用して、フロートでレイアウトに組み込むのがお勧めです。
 詳細がこちらにもあります。
divボックスを横に並べる
実際にdivブロックfloatを記事で利用する


 例えば、こちら(FC2テンプレートを1から作ってみる)で作成したテンプレートに縦置きカレンダーを組み込むとすれば…

縦置きカレンダー・レイアウト例

 こんな感じで、「width」で横幅を細長く指定し、フロートさせます。
 例えば、HTMLとCSSを簡易に示せば…

<div id="conteinar">
 <div id="header">ヘッダー</div>
 <div id="main">メイン</div>
 <div id="main">サイドバー</div>

 <div id="carendar_tate">
  <!--calender2-->
  <%days><br>
  <!--/calender2-->

</div>

 <div id="footer">フッター</div>
</div>

#conteinar{
width:800px;
}
#header{}
#main{
width:500px;
float:left;
}
#side{
width:250px;
float:right;
}
#carendar_tate{
width:24px;
float:right;
line-height:1.5;(行間を指定できます)
text-align:right;(文字を右揃えにできます)
}
#footer{
clear:both;
}

 こんな感じで組めると思います。スタイルシートで「DIVフロート」をさせる詳細については、先ほど示したリンク先から確認してください。




通常カレンダー



通常カレンダーは、HTML部分ではほとんど組む形が確定しています。実際は公式プラグインからダウンロードしてカスタマイズするのがお勧めです。

 通常のカレンダーの変数ですが、理解が必要なのは、「カレンダーの繰り返し出力ブロック変数」というのは、1週間ごと、「6回繰り返し表示をする」ということです。
 ちょっと言葉で説明しにくいのですが、つまり、以下のようにタグを組めば、「横置きカレンダー」が出来てしまいます。

<!--calender-->
  <%calender_sun>
  <%calender_mon>
  <%calender_tue>
  <%calender_wed>
  <%calender_thu>
  <%calender_fri>
  <%calender_sat>
<!--/calender-->

 これを実際に表示させると…

- - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

 こんな感じで、横置きカレンダーが出来ます。これの構造を見ると、日~土までの変数を並べまず1週目から表示し、それを6週分繰り返して表示していることが分かります。


ブロック変数の働き・イメージ図
※イメージ図・多分こんな感じで働いているんだと思います。多分…


 つまり、何が言いたいかというと、それぞれの「曜日出力変数」をそれぞれ一つ一つタグでコーティングできると言うことです。
 つまり、日曜日は日曜日で、クラスを指定することも出来ます。

 しかし、前後に「-」ハイフンが表示されています。
 これはつまり、「テーブルタグでカレンダーを組む」事を前提とした、テーブルタグ専用の変数であることが分かります。カレンダーを想像して下さい。マス目は毎月余る場所が変わりますよね。その余った箇所を埋めているのが「-」ハイフンというわけです。

 つまり、この変数をHTMLで組む方法は、ほぼ確定します。
 と言うわけで、これは、「公式プラグイン」から「カレンダープラグイン」をダウンロードして設定し、それをカスタマイズするのが一番の近道になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Thu.01.13.2011
Comment
Trackback
Comment Form
質問するときは?
  • 不具合が出ているページのURLを書き込む。
  • 使っているブラウザ(IE、Firefoxなど)を書き込む※IE6はサポート外です。
  • 次の人が確認できるように、使っているテンプレートの記事ページ、或いは各カスタマイズ記事ページにコメントを書きこむ。
コメント時の注意
やっぱり自分で解決したい時
特定の記事のみでレイアウトが崩れる場合
全ページでレイアウトが崩れる場合
メールフォーム
Bookmarks
Page Top
Copyright © SAKILab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。