上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ホームページで成功していない人がこういうことを書くのはどうかと思いますが、今までがむしゃらにやってきて分かったことをこちらに書いていきます。
 アクセスアップ、訪問者、1日100人達成が目標です。




ツイッターを有効活用



 まず最初にやりたいのがこれです。
 ツイッターに登録して、呟かなくても構いません。ツイッターボタン、フェイスブックボタン、各種ブックマークボタンをブログに配置して下さい。

 ランキングサイトは、個人的にはちょっと否定的なのですが、優良なランキングサイトであればアリだと思います。

ランキングサイトのSakilab.個人的見解

 Googleはインデックスサイト(ただただ他のホームページへのリンクを羅列しているページ)には否定的だという記事をどこかで読んだ覚えがあります。特に、ただページランクを得るためだけに作られた相互リンク式のインデックスサイトは、Googleからすればページランクスパム…なんて言葉があるのかどうかは分かりませんが、そんな感じに見えてしまうかも知れません。

 実際に海外では、そういったインデックスサイトにペナルティがかけられているのではないかという現象が起こったことがあるそうです。
 Googleからすれば、「自然に集まるリンク先」が知りたいわけで、故意にアクセス目的で作られたリンクというのは、やはり検索上位から排除したいと考えると思います。
 顧客は検索者であって、その検索者に見せる検索結果が「アクセス収集目的のたいした情報がないリンクが羅列されたページ」ばかりであれば、Googleを使う人はいなくなってしまいます。

 そういう意味では、ランキングサイトも形式は同じです。相互リンクを集めるインデックスサイトです。ペナルティもないみたいなんですが、そこから被リンクを貰っても、ほとんど効果はないと見て間違いないと思います。
 ランキング上位を狙える人だけが、ランキングサイトを使う恩恵が受けられる人ではないでしょうか?

 そんな観点からも、ブックマークサイトやツイッターは、自然に人気の記事にリンクが集まる、Googleとは親和性の高いサービスだと考えられます。
 手動で不特定多数の「人間」が「面白い」と思った記事に投票しているのと同じ事ですから、ある意味「自働で機械が被リンクを集めているページから人気記事を判断する」より信頼性が高いかも知れません。
 現に、ツイッターやはてなブックマークなどで言及された記事は、個別記事の検索結果に追随してきます。これは、Googleも有用な「判断要素」としている証拠なのかも知れません。


 特に、ツイッターなどは、「ポンとクリックすれば、フォロワーにこの記事を紹介できる」訳ですから、ボタンを置いておかない手はありません。
 わざわざツイッターを立ち上げてから、記事をフォローしてくれるなんて事はそうそう無いと思いますが、ワンタッチなら、その率が飛躍的に上がるのではないかと思います。




カテゴリページを作成する



 次に重要なのが、自分でインデックスページを作ることです。カテゴリごとに仕分けし、メニューページを作るわけです。
 特にこれをやって効果を上げたのがこちらのサイトです。現在はFC2に移行し、メニューページの代わりにユーザータグを充実させています。(死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

 がんばってもがんばっても、うんともすんとも言わないサイトでした。アクセス数は行きそうなんだけど、100人来てくれない、もどかしいサイトです。何ヶ月も何ヶ月も。ただ、自分が楽しいので書いていた面もありますが、数ヶ月前に一念発起して作ってみたんです。メニューページ。
 これは、検索エンジン最適化と言うより、「訪問者に分かりやすく記事にたどり着かせる方法」です。勿論、古い記事にもアクセスできるようになります。

 ページビューには、実はあまり反映されず、逆に減った感じでした。恐らくですが、こういったサイトは好きな人は好きなんでしょう。見つけにくい古い記事にも、何ページも移動しつつ、目的のページを探して下さっていたのだと思います。
 それが、メニューページを作ったものだから、すぐ目的の記事が探せ、無駄なページ遷移が減り、ビュー数が減ったのだと思います。
 最初は何も変わりませんでした。単にページビューが減ったような気がするだけで…ですが、数ヶ月経った今、その100の壁をポンと越え、一気に150~300人くらいは、見てくれるようになりました。

 恐らく、古い記事へメニューページからリンクしたため、Googleはサイトの奥に潜り込んでしまった古いページの重要度を再確認してくれたのではないかと想像しています。
 またさらに、Google本家のサイトマスター向けの解説では、「訪問者への配慮(アクセスビリティ)も評価する」ということが明記されています。


CUTIE PHOTOSHOP・キューティーフォトショップアート)こちらは、サイトを作成する以前から、計画的にメニューを作ることを考えて作ったサイトです。
 こういう風に出来れば、後は、記事を書く度に、一手間「メニューページに更新記事のリンクを付け加える」ように習慣づければ、ほとんど苦もなく更新することが出来るようになります。

 たくさん記事があるサイトの人は、恐らくこんな事をしたら地獄の作業になるのではないかと思います。
 だとしたら、せめて、「超お勧め記事リスト」なんてメニューを作成しておけば、効果が上がるのではないかと思います。
 保証はしませんが、上手くすれば、効果が高い方法だと思います。地獄を見るだけの価値はあるかも知れません。繰り返しますが、保証はしませんが…

 メニューページへは、本文直前の「ナビゲーション部分」と言われる場所に配置すると、アクセスビリティは勿論上がり、検索エンジン最適化としても効果的ではないかと考えます。




ブログパーツなど外部サイトの引用に気をつける



 悪質なブログパーツの中には、「隠しリンク」というものが仕組まれているものがあります。ページランクを提供している本家Googleがペナルティをかけますから、現在は誰も得をしない方法だと思うのですが…
 フォントサイズが極端に小さかったり、見えなくされていたり、背景色と同じ色にされていたり…。
 怪しげなブログパーツには、近づかないことが肝要です。ページを充実させても、たかがブログパーツを貼っただけで運悪くペナルティをかけられては、たまったものではありません。

「htmlチェック」等で検索すれば、HTMLチェックツールなんてのも出てきます。
 エラーを無くす必要は必ずしもありませんが、「スパムになりそうなエラー」が出ていたら、これは必ず解消しておきます。


 他にも、色々最適化を行う方法はあると思いますが、色々やって、効果が高かったのはこの2つです。
 くれぐれも、大事なブログを、妙なセコイ最適化でペナルティをかけられるような事にならないように祈ります。ブログを見てくれるのは、検索エンジンと、「人」です。両方が望むのは何かを考えつつ。
 検索エンジンは、人が見て見やすくて楽しくて有用なサイトを探しています。結局は「人」が見ることを前提とするのが重要だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tue.06.21.2011
Comment
Trackback
Comment Form
質問するときは?
  • 不具合が出ているページのURLを書き込む。
  • 使っているブラウザ(IE、Firefoxなど)を書き込む※IE6はサポート外です。
  • 次の人が確認できるように、使っているテンプレートの記事ページ、或いは各カスタマイズ記事ページにコメントを書きこむ。
コメント時の注意
やっぱり自分で解決したい時
特定の記事のみでレイアウトが崩れる場合
全ページでレイアウトが崩れる場合
メールフォーム
Bookmarks
Page Top
Copyright © SAKILab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。