上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 数年前になりますが…
 どう頑張ってもほとんど誰も見てくれないブログ…どうしてなんだろう、なぜなんだろうと調べたことがあります。

 その時に独自に集計して作ったのが、「嫌われるブログランキング」

 どんなアンチ意見があるのか「掲示板サービス」を回って、同じ意見があればカウントし、調べたのです。
 以下がランキング。もしかしたら、耳が痛い意見もあろうかと思います。
…これらは、「やめた方がイイ」というものではなく、恐らく程度の問題なんだと思います。また、一部の掲示板を見まわって得た結果なので、あくまで一部の意見です。

優勝 重いサイト 35pt
* フラッシュ多用
* 画像サイズ大
* 画像多用
* バナー・ブログパーツの多用


準優勝 見づらいサイト 27pt
* キツイ色遣い
* 背景と文字色がほとんど同じ
* フォントが小さい(でかすぎる)
* フォント点滅
* 改行だらけ
* 文字が重なっている
* 流れる文字


3位 BGMが鳴る 21pt
* いきなりBGMがONで心臓発作


4位 広告だらけ 12pt
* 広告だらけ
* ダミーだらけ
* ページと関係ない広告
* ポップアップ広告
* SEO気取りのアフィ
* 広告が降りてくる!
* コンテンツのダウンロード強要広告


5位 不親切 10pt
* ENTERやLINKが分かりづらい
* 横スクロール
* フレームによるスクロールの多用
* フラッシュを飛ばせない


6位 内容がない 5pt
* 中身が無い
* さみしい
* 画像が小さい


6位 マウスストーカー 5pt
* マウスストーカー
* ポインタ強制変更


8位 強要、禁止 4pt
* キリ番踏み逃げ禁止
* 素通り禁止
* リンク禁止


9位 フラッシュオンリー 3pt
* フラッシュオンリーで見れない


9位 右クリック禁止 3pt
* スクリプト等で強制不許可等


9位 工事中のページにリンク 3pt
* 工事中のページにリンク


9位 ブラウザ制御 3pt
* ブラウザサイズ強制変換等


少数意見
* レイアウトがさつ
 o でかすぎる文字
 o テキストだけ
 o 日本なのにカッコつけて英語
* エグイサイト
 o 中傷だらけ
 o 自殺
 o 殺人
 o 犯罪
* つまらない
 o 画像URLが飛んでいてほとんど表示されない
 o 画像の嵐
 o メインコンテンツが下手
 o 更新が無い
 o ブラウザや解像度等を指定している
* ウザイ画面効果(極端)
 o 背景がGIFアニメ
 o 新窓強制表示
* 「戻る」で戻れないサイト・ウイルス
* 一人称が筆者
(2007.12.20 集計)


傾向と解説

 掲示板を回って多かった意見が、重いサイト。少しデータが古いので、多少は順位に変動があるとは思いますが…。
 相手のパソコン環境を考えずに、がんがんリッチコンテンツを置くと嫌われてしまうようです。そういうサイトの場合は、「パソコン環境が高い人」のみをターゲットにしたサイトに特化させるしか無いのかもしれません。
 最先端のウェブサイトとして。

 そして、2位に付けているのが見づらいサイトです。これこそ、当サイトのテーマです。これらはやはり、「やってはいけない」のではなく、そのホームページに合っているコンテンツにすることが大事です。狙ってやる分には問題ありませんが、「目立たせる」事を目的とした時が、あまり宜しくない結果をうむ可能性があります。
 ある意味、「押し付け」と受け取られかねません。

 4位もやはり、1位~3位同様、極端なサイトがランクインしています。広告は、適度に貼った方が効果も高いですよ☆
 どこかで読んだのですが、広告効果があるといわれている場所は、サイドバートップと、本文の一番最後だそうです。
 これは私の印象なのですが…やっぱり本文中へ広告がねじ込まれている、紛れ込んでいるサイトは、印象があまり良くはありません。文中にランクサイトやだましリンクが有るサイトは、もってのほかですよね。あれはムカつきます(笑)

 総論として言えるのは、「極端」「押し付け」「強制」などが、嫌われてしまうサイトの一因であることは間違いないようです。
 ただ、ウェブサイトは「人に見てもらうため」だけのものでもありません。自己満足のため、自分が楽しい・自分が楽しむサイトに仕上げるのもアリだと思います。見てもらうサイトは、それはそれ。なんて考え方もできそうです。

コラム一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
Wed.03.24.2010
Comment
Trackback
Comment Form
質問するときは?
  • 不具合が出ているページのURLを書き込む。
  • 使っているブラウザ(IE、Firefoxなど)を書き込む※IE6はサポート外です。
  • 次の人が確認できるように、使っているテンプレートの記事ページ、或いは各カスタマイズ記事ページにコメントを書きこむ。
コメント時の注意
やっぱり自分で解決したい時
特定の記事のみでレイアウトが崩れる場合
全ページでレイアウトが崩れる場合
メールフォーム
Bookmarks
Page Top
Copyright © SAKILab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。