上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本文が上手く書けるようになってきたら、ひとまずブログとして成立します。
 これで満足の人もいるでしょう。こちらでは、もう一歩進めて、「もっとたくさんの人に読んで欲しい」「お小遣いも稼いでみたい」と言うことを考えていきます。

 そこで必要になってくるのが、自分のブログサイトの「トラフィック」つまり、人の流れをある程度把握していくことです。そこで役に立つのが、アクセス解析です。
 恐らく、無料で使えるアクセス解析の中でもっとも高機能なものの一つが、「Googleアナリティクス 」というものです。このアクセス解析は、ログ(解析記録)をずーっと保存してくれるので、最初のウチは、意味が分からなくても構いません。
 いつか、機能がどういう意味か分かってきたとき、古いデータを簡単に参照することが出来るので、取りあえず何でも良いので、ブログに組み込んでおきます。




Googleアナリティクスを導入する



 まずはこちらにアクセスしてみてください。

Google アナリティクス | 公式ウェブサイト

 もしも、Googleのアカウントを持っていない場合は、とっておくことをお勧めします。Googleでは無償で様々なツールを使うことが出来ます。そして、何より現在検索エンジンの世界を支配しているのがGoogleです。日本で強い検索エンジンはYahoo!ですが、そのYahoo!さえも、Googleの検索エンジンの技術を導入しています。
 Googleに好かれれば、自然にYahoo!に好かれます。

 もちろん、Yahoo!に好かれればGoogleに好かれますが、Googleは「最適化」のマニュアルやツールを提供してくれるので、サイト運営者であれば、使わない訳にもいかないという事情もあります。


 サイトの情報を登録出来たでしょうか?
 サイトの登録が終わったところで、最後の最後に「HTMLタグをHEADの直前に貼ります」等の文言が出てきたと思います。

アクセス解析

 こんな感じです。
 コレというのは、「テンプレートHTML」に直接書き込む必要があります。とは言っても、難しいことではないので、挑戦してみてください。


アナリティクスのタグの導入方法

 まず、FC2ブログにログインし、「環境設定→テンプレートの設定」画面を開きます。

FC2ブログ管理画面

 上図の、上のテキストボックスが、テンプレートのHTMLファイルです。これが、「公式・共有テンプレート」のレイアウトと、本文表示などを作っている部分です。ちなみに、下のボックスは「CSSファイル」というもので、デザインの整形などの役割を果たしています。
 Googleアナリティクスのタグを「ペースト」するのは、上の方の、「赤丸」で囲んである部分です。
 色々ごちゃごちゃ書いてありますが、重要なのが

  • <head>
  • </head>
  • <body>
  • </body>

 これらになります。
 Googleが指定する場所というのを、この記述で確認します。
 テンプレートに何かを付け足すときは「改行」で好きなだけ行を開けて、そこにペーストしてください。
 モダンブラウザであれば、大体「画面内検索」という機能が「Ctrl」+「F」キーで立ち上がると思います。そこに検索文字を入れて検索すると、指定の場所を探しやすいと思います。


★保存する前に確認!

 保存する前に、まず「プレビュー」で確認します。表示が変になっていたら、そのまま何も触らず、もう一度「テンプレートの設定」リンクをクリックして、テンプレートの設定画面を改めて開いてみてください。元の表示に戻っています。

 確実にリスク回避をするならば、「テンプレートを複製」してから、変更を加えれば安心です。


 できたら、保存します。


タグが機能しているか確認

 FC2テンプレート側で保存ができたら、今度は、もう一度アナリティクスの管理画面に戻り、先ほどのタグが機能しているのか、アナリティクス側で確認します。
 アナリティクスのトップに戻り、登録したサイトの「編集」と言うリンクをクリックします。

Googleアナリティクス管理画面

Googleアナリティクス管理画面

 そして、右上に出てくる「ステータスの確認」をクリックすると、アナリティクス側でタグの確認が始まります。
 しばらく待つと、結果が出てきます。データを受信していれば大丈夫。そうでない場合は、また最初から手順を確認してやり直してみてください。




アクセスを解析する



 数日放っておくと、アクセス解析の結果が集計されてきます。
 どこから自分のサイトにアクセスしてきたのか、数値で確認出来ます。
 「Googleから2件、Yahoo!から1件、相互リンク先から1件」と言った具合です。
 最初のウチは、大して何の参考にもなりませんが、一月ぐらいすると、纏まった集計結果が出てきます。
 重要になってくるのが

  • 訪問
  • ページビュー
  • サイト滞在時間
  • 直帰率

 辺りです。

 訪問者数は、そのまま訪問者数です。
 ページビューというのは、訪問者が自分のサイトに来たとき、何ページ見たのかという集計が計上されています。
 訪問者数が100人で、ページビューが200であれば、だいたい一人当たり、平均2ページ見てくれていると言うことになります。
 直帰率というのは、ページを1ページしか見てくれない人の割合です。サイトに来たら、そのままタブが閉じられてしまうパターンですね。
 滞在時間も、そのもの滞在時間の平均値です。
 もし、直帰率が高く、その他の数値(ページビュー、滞在時間)が低ければ、サイトに問題があることになります。訪問者は、貴方のサイトに来て、すぐに閉じてしまうと言うことを意味するからです。


 このように、アクセス解析を導入することは、自分のサイトの品質を数値で見るという大切な役割を果たします。
「もっと読んで欲しい」「お小遣い、運営費用をもっと得たい」と思ったら、これらの数値を参考に、サイトの品質を試行錯誤しながら向上させていくのが近道になります。


■次のページはこちら。
ブログ制作[7]Googleでサイト認証をする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sun.12.04.2011
Comment
Trackback
Comment Form
質問するときは?
  • 不具合が出ているページのURLを書き込む。
  • 使っているブラウザ(IE、Firefoxなど)を書き込む※IE6はサポート外です。
  • 次の人が確認できるように、使っているテンプレートの記事ページ、或いは各カスタマイズ記事ページにコメントを書きこむ。
コメント時の注意
やっぱり自分で解決したい時
特定の記事のみでレイアウトが崩れる場合
全ページでレイアウトが崩れる場合
メールフォーム
Bookmarks
Page Top
Copyright © SAKILab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。