上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私はインターネットを始めて日が浅いですし、技術者でもなく、WEBデザイナーと言う肩書きも持っていないので偉そうなことは言えませんが、いろんなホームページを回ると、有用と思われる考察に出会います。
 それを纏めてみました。


訪問者が増えるには?

 ブログを始めたけど…人がこない…

 例えば、ニュース系のサイトや、はてなブックマーク、2ちゃんねる系統のオタク向けホームページなど、コミュニティがしっかりしている関連のサイトは、面白い記事さえ書けば、何も考えることなくどんどんホームページに人がやってきそうです。
 でも、殆どの人がそういうのとは関係がないですよね。FC2も結構生粋のブログサービス会社で、コミュニティ系統があまり強いというわけではなさそうです。

 ブログランキングに登録しても、殆どの人が無視。トップに来るのはファンが沢山いる有名なブログばかりで、ちっともランクが上がらない。

 そうなると、もはや検索エンジンだけが頼りの綱です。
 検索エンジンは、ツイッターに押されてても、やっぱり現在のウェブ世界を支配している大ボスみたいなものです。
 検索エンジンからの訪問者を大事にしたい。


検索エンジンにひれ伏す(笑)ことから

 まずは、検索エンジンが推奨する、「ロボットから見てわかりやすいウェブサイト」にすることから始めます。
 なるべく正式なタグ、なるべく正式な書式を心がけることが重要になってきそうです。

 便利なタグだからと言って、無闇に使ったり、レイアウトに使ったり、変化球を使ったり、だましリンクを設置したり…
 その中でも最後の二つは、人としてやっていいこと悪いことの部類ですから、嫌われないためには当然クリアしておきたい部分ですが、検索エンジンにひれ伏すと言うのは、最初の二つ「タグの使い方」にありそうです。

 <title>(ブログのタイトル)、<meta name="description" content="〇〇" />(ブログの簡潔な要約)、<h1>(タイトル)などは、確実に、かつスパムにならないように確実に設置しておきたいものです。
 そして、余計な部分をどんどん引き算して、ブログを「ロボットから見てわかりやすい」ように改良して良く必要がありそうです。


でも、結局見るのは人

 ですが、あまりに検索エンジンへアピールするのも考えものです。
 ページにキーワードをたくさん埋め込むのは、現在はスパムサイトと判断されることもありますが、それより何より、検索エンジンから情報を求めてやってきた人が幻滅する可能性もあります。

「情報を求めてキーワードでやってきたのに、そのページを見てみたら、キーワードが書いてあるだけで、他の情報が何もなかった…」

 そうなると、わざわざ自分のホームページへ、「幻滅してもらうために訪問してもらっている」ようなものです。
 これは、非常にまずいですよね…広告なんておいてあれば、ますますマズイです。

「私はコミュニケーションも何もする気がなく、あなたには何も教えるつもりもなく、それでもあなたがこの広告をクリックしてくれるのを期待しています!」

 と、ホームページ全体で訴えているのと同じことになってしまいます。
 これは、まずいですよね。こんなこと面と向かっていわれれば、誰でも呆れるか怒るか、あるいは嘲笑するか…でしょう。ただでさえ情報も何もなくショックを受けているところで、このセリフを吐かれたとしたら…
 広告運営会社を儲けさせるために、雀の涙のような報酬で、一生懸命嫌われ役をやっている状態です。


私見

 結局、私は、出来る事をやるだけやって、自分なりにちゃんとした記事を積み上げ、あとは

「ホームページに人はこないもの」

 という前提で運営するしか無いのかな…なんて思いつつ更新しています。
 最近はやっと検索エンジンもウチのブログを見つけてくれるようになってきましたが、やっぱり結局見てくれるのは「人」ですから、検索エンジンではなく、「人」に対して記事をこつこつ書いていくしかないのかなぁ…なんて思っています。

 ホームページは難しいですね…
 自分が「世間に向かって言いたい!」事は何か…とか
 自分の味を最大限に出した「こゆい」ページだぜ!…とか
 ああ~、このホームページは、なんだか癒されるぅ…とか…

 考えないといけないのかなぁ…

 SEO、諸刃の剣だとは思いませんか?
 たいしたコンテンツが無いのに、検索エンジンで上位表示してもらうか。
 それとも、検索エンジン会社が思うままに任せ、自然(?)の流れに任せて、気ままに書くか。

コラム一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
Fri.03.26.2010
Comment
Trackback
Comment Form
質問するときは?
  • 不具合が出ているページのURLを書き込む。
  • 使っているブラウザ(IE、Firefoxなど)を書き込む※IE6はサポート外です。
  • 次の人が確認できるように、使っているテンプレートの記事ページ、或いは各カスタマイズ記事ページにコメントを書きこむ。
コメント時の注意
やっぱり自分で解決したい時
特定の記事のみでレイアウトが崩れる場合
全ページでレイアウトが崩れる場合
メールフォーム
Bookmarks
Page Top
Copyright © SAKILab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。