上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ホームページやブログを運営していると、いろんなスパムがあることを知らされます。
 これまでに見知った「スパム」をいろいろと書いてみます。
 怖いお話ですよ☆


トラックバック・コメントスパム

 ブログを運営していると、よく来ますよね。

「このコメント、ウチのサイトと関係があるの?」

 なんていうコメントが来ること。
 最近はブログサービスの方である程度弾いてくれますが、それでもしつこく来ます。でも、手動でスパムっぽいコメントをしてくる人なんてかわいいものです。
「なんとか頑張って、自分のサイトを宣伝しているんだなぁ」
 なんて、逆に微笑ましく感じたりしてしまいます。

 タチが悪いのが、自動トラックバック或いは自動コメントと言うヤツです。詳しくは分からないのですが、恐らく自動で何でもかんでもトラックバックスペースがあれば撃ちまくってくるソフト…と言うのはもう古いようです。
 トラックバックやコメント、どうもソフト側で自動的に関連した言葉があるブログに対して、狙って打ってきてるのではないかと言う感じがします。恐らく、そういったソフトもバージョンアップしているのではないでしょうか?

 そういった自動トラックバックサイトに目をつけられると、コメントフォームやトラックバックフォームをHTMLから完全に取り除いて、ブログ上からトラックバックフォームを完全に撤去しても、それでもトラックバックはやってきます。完全に人間業ではありません。
 どうも、一度見つけたトラックバックフォームの「URL」を記録して、直接そこへ書き込むシステムらしいのです。
 どういう仕組なのか、IPアドレスは毎回変わるように出来ていて、「除外」することも出来ない本当に気持ち悪いヤツです…


アクセス解析スパム

 さらに気持ち悪いのが、アクセス解析スパムと言うヤツです。兎に角、ア*****ト関連のことを検索で調べていると、気味悪い記事ばかり読むはめになりますよね…でも、それが大事。
 全く知りませんでしたよ、そんなのまでスパマーが目を付けているなんて…

 アクセス解析、私は特に記事別の滞在時間を調べて、読まれていない記事に対して検討修正を加えることに使用しているのですが、変なアクセスが来るんですよ。
 「リンク元」を調べてみると、なんだかア*****トとコンテンツ連動型広告だけで出来ているサイトからのアクセスなんですよ。そのページを見てみても、ウチのページへのリンクはないのに、何故かアクセス元として記録されている。

 なんか、そういうプログラムが有るらしいのです。アクセス解析を見つけると、そのスパムサイトのURLをアクセス元としてアクセス解析に記録させるプログラム。

 アクセス解析を導入しているユーザーがなんだろうとそのサイトを訪問すると、「ア*****トサイトのクッキー」を無理やりあなたのパソコンに喰わせるらしいのです。
 そのページを訪れただけ(ア*****トサイトのリンクを踏まなくても…!)で、いろんな会社のクッキーが食わされ、もしも何日かしてパソコンで買い物をしたりすれば、そのスパムサイトの収入になるというのです…!

 もちろんア*****トサイトでは厳重に禁止して、見つかった時の処分は重いですが、もともとスパムを打つような人間に何を言っても無駄。


対処

 スパムかな?このページ…
 なんてページを見た後は、パソコンの掃除と、クッキーの削除をするように心がけた方がいいかもしれません。でないと、あなたの買ったその商品の一部が、スパムサイト(影でこそこそ人が嫌がる犯罪まがいの行為を行う人々)の収入になってしまうかもしれません。

 また、きちんとしたサイトでア*****トを始める人は、そういうサイトが存在するがために、あなたの報酬が低くなっている可能性があります。スパムを取り締まりきれないがために、全体的に広告料を下げざるを得ないと言ったア*****ト会社側の立場もありそうです。
 積極的にパソコンの掃除を心がけるべきかもしれません。


スパムかな?なページ

 ほかのサイトへのリンクがタダひたすら羅列されているページ。
 他のサイトの概要とタイトルがタダひたすら羅列されているページ。
 おかしい日本語のページ。意味が通じない日本語のページ。

「あ、ウチのページがリンクされている」

 なんて喜んではいけません。そのページを見た瞬間、あなたのパソコンのクッキーが書き換えられていませんか?
 しかも、検索エンジン、ブログサービスなどのサイトはスパムには厳しいですよ。評価されないばかりか、

「スパムページからリンクされているページ」

 なんて認識されていたとしたら…(汗)
 なんでも、こう言ったページは、コレまたソフトとかプログラムで自動的に大量にページを作ることが出来るらしいのです。自動だから、リンクの羅列や、他人のサイトのコピーサイト、意味不明な日本語のページができあがるということです。


注意

 これを読んで、変な考えを起こした人は要注意です。インターネットは実は匿名ではありません。ブログサービスがプライバシーに配慮しているだけで、あなたのパソコンの情報はすぐに分かります。住所を伏せていても…です。

 また、こう言ったソフトは恐らく「情報商材」系のサイトで売られているのではないかと思われます。スパムと取締はいたちごっこということですから、恐らく「新しい情報商材」をなんども買い換えているのではないでしょうか?
 末端のスパマーは…

 想像するに、スパムの親分は「情報商材」という「商品」を販売しているだけですから、何ら犯罪には問われないのだと思います。しかし、末端のスパマーは結構リスキーなのではないでしょうか?
「匿名」という幻想に取り付かれ、「欲」に取り付かれ、社会に迷惑を及ぼしてまで、そして、自分が簡単に特定されることに気付かず、スパムを打ち続けているかわいそうな人達ではないかと想像されます…。
 小銭で身を滅ぼすか、インターネットを楽しむか。コレに尽きるのではないかと思います。

コラム一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sun.04.18.2010
Comment
Trackback
Comment Form
質問するときは?
  • 不具合が出ているページのURLを書き込む。
  • 使っているブラウザ(IE、Firefoxなど)を書き込む※IE6はサポート外です。
  • 次の人が確認できるように、使っているテンプレートの記事ページ、或いは各カスタマイズ記事ページにコメントを書きこむ。
コメント時の注意
やっぱり自分で解決したい時
特定の記事のみでレイアウトが崩れる場合
全ページでレイアウトが崩れる場合
メールフォーム
Bookmarks
Page Top
Copyright © SAKILab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。