上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ブログをブログ付属のワープロソフトで書けるんだから、十分じゃないか。
 なんでHTMLなんて書く必要があるんだ。

無いと思う

 実は、私はプログラマーでもデザイナーでもないのに、HTMLを書く必要があるかといえば、あまりないと思います。
 現在どんどんブログパーツもツールも、ソフトも、そしてFC2ブログのように「共有テンプレート」と言うものまで出てきて、現在出来る範囲でのありとあらゆる物が揃ってきています。

 そのため、テンプレートを自分好みに設定し、好きなブログツールを取り付ければ、自分の個性が十分出せるようになってきました。
 そして、コンテンツを送り出したい…コンテンツとは、例えば日記とか、冒険記とか、つぶやきとかですが…そう思っている方は、ほとんどすべての方がパソコンさえ慣れれば使えるようになってきています。

 その上で、HTMLやCSSを書く必要があるかといえば…


オリジナル・個性

 もう少し時代が進めば、もっともっとパソコンの性能も上がり、もっともっと自由に簡単にオリジナルの表現ができるようになっていくと思います。
 HTMLやCSSを使えなくても、自分のセンスを十分に発揮でき、私のようななんちゃってテンプレート製作者のような者にテンプレートを借りる必要もなくなってくるはずです。

 ページは正当に評価され、私のようななんちゃってページが、なんだか無意味に評価されることもなく(驚きました…グーグル先生に無駄に評価されているみたい…)、本当に面白いことを描いた人のページが上位にどんどんなっていくと思います。…いや、私も負けませんよ(笑)私にはコルクマがいます!(汗)


 さてしかし、現時点では、HTMLとCSSをカジっておくメリットがあると思うのです。


メリット

 特に声を出して言いたいのが、HTMLとCSSは非常に簡単な「定型文」だということ。
 仮に多少間違えたとしても、ある程度はIEやらファイアフォックスは、多めに見てくれ、エラーが出て画面が真っ青になることもなく、文字を表示してくれます。

 失敗した名残が表示されたり、ちょっと変な表示になったりしますが、これはすごいことです。
 人間がアバウトなミスをすることを計算して大目に見てくれるコンピューター。

 こんなことが出来るのは、HTMLとCSSぐらいのものではないでしょうか?

 浦島太郎で申し訳ありませんが、昔MSXというおもちゃパソコンを触っていた頃は、こうは行きませんでした。ちょっとでもミスると、「ピ」とか音がして止まったり、ウンともスンとも言わなくなったり…

 現在のHTMLやCSSは、失敗していることに気づかないことさえあります。
 つまり、かなり素人が触っても大丈夫に出来ているんです。


プログラムではなく定形文化した

 もう、ここまでくれば、本当に「拝啓…~~ですね。」なんていう定型文とほとんど同じです。
 小さなミスぐらいなら、文字もきちんと表示してくれるという…

 この定型文を、インターネット検索で辞書をひく感覚で、テキストに当てはめるだけで、オリジナリティが出せる、他のページの一歩上に行けるのならば、やってみても損はないかと思うんです。

 ちょっとだけオリジナリティを出したい。ちょっとだけ手直ししたい。人気ページになりたい。
 そう思ったら、少しだけ勉強(というか、検索)してみるのも、アリではないかと…


一番最初に読むところ

コラム一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
Mon.04.26.2010
Comment
Trackback
Comment Form
質問するときは?
  • 不具合が出ているページのURLを書き込む。
  • 使っているブラウザ(IE、Firefoxなど)を書き込む※IE6はサポート外です。
  • 次の人が確認できるように、使っているテンプレートの記事ページ、或いは各カスタマイズ記事ページにコメントを書きこむ。
コメント時の注意
やっぱり自分で解決したい時
特定の記事のみでレイアウトが崩れる場合
全ページでレイアウトが崩れる場合
メールフォーム
Bookmarks
Page Top
Copyright © SAKILab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。